コラム記事

ゼロ・ヒガシダ作

ゼロ・ヒガシダ展(モニュメント)は平成30年4月4日(水)~11月30日(金)の間
平成30年 平清盛公 生誕900年 記念事業として宮島大聖院で無料 拝見することができます。

ゼロ・ヒガシダ氏は1958年広島市生まれの方で、日本大学芸術学部、東京芸術大学大学院などを卒業され。
渡米してモダンアートの彫刻で高い評価を受け、国内でも2013年に新制作協会の最高賞を受賞し、
現在は東広島市で活動拠点として活躍されておられます。
作品はステンレスの板を電気溶接でつないでゆくもの。

(^^)/ 宮島大聖院で私が見つけた作品(一部)をご紹介してみます。


私は取材を申し込んだわけでもなく 何気に大聖院へ行き
これ?なんだろう・・・?写真を撮ってきただけなので
どのように紹介すればいいのかよくわからないんですけど・・・
題名には 平清盛公とか いのちとか書かれてあったと思います。

ゼロ・ヒガシダ氏は平和や命への思いを込めて作品を制作されているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • ※コメントの内容が不適切な場合は掲載しないことがあります。
  • ※誹謗中傷・苦情などのコメントの書き込みはご遠慮下さい。