ジャンル別記事一覧 神社・仏閣

今日は管弦祭

管絃 とは、三管 (笛 ・笙 ・笳 )、三 鼓 (太鼓 ・鞨鼓 ・鉦鼓 )、三絃 (倭 琴 ・琵琶 ・箏 )等を合奏す
る音楽の事で・・・今日は宮島管弦祭 http://www.miyajima.or.jp/new/wp-content/uploads/2019/07/895a6f9b1c4f00c68e0258518405a1de1.pdf です。
◔_◔お天気が心配なんですけど?今のところは通常運行で公共交通は動いているようです。


平清盛が、嚴島神社で嚴島大神 三柱の姫神様をお慰め奉るために行ったと伝わる宮島管弦祭!祭典は15 時頃嚴島神社の本殿で行われる発輦祭 があり、ご神体がお神輿(鳳輦)に移されてスタートします。厳島神社を出発した行列はご鳳輦を管絃船に移し、儀式を行い船内で管絃を合奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。

(⚆.̮⚆)!! 今日は雨らしいのでご鳳輦には濡れないようにビニールシートがかけられるのでしょうか?海が荒れない事をお祭りが無事にと・・・願うばかりです。

弁財天祭

6月17日 厳島神社を出て大願寺へ(^^)/厳島弁財天様のご縁日です。


フリーマーケットがあり 接待のテントではお茶とお菓子を配っていました。

龍神様にお詣りして 手水を頂き弁天様にろうそくとお線香をお供えしてお詣りしました。
今日は朝から御開帳されていて 靴を脱ぎ一目拝見しようと長蛇の列ができていました。

護摩木をお願いして お接待を頂きちょっと休憩!気が付けばお昼になっていて。。。。
宮島太鼓の奉納演奏が始まりました。琵琶の奉納 多くの僧侶がご詠歌とともに入場されて
大般若経の転読が行われ・・・・令和になって初めての大願寺のご縁日参加です。
御朱印をお願いしたら 希望者が多いので紙に書かれているものを渡されました。
 (*^-^*)宮島で素敵なご縁を頂いて幸せな気分になれました。

御例祭

6月17日 宮島へ行きました。(^^♪雅楽が聞こえるので厳島神社へ行くと・・・


客人社に神職様がおられ雅楽を奏上されていました。式典が終了し神職の方々は本殿へ移動されます。
(*’▽’)祭事を見ると 今日は「例祭」と書かれてありました。厳島弁財天のご縁日!厳島神社では例祭があるようです。本殿へ私も移動しお賽銭箱の傍から本殿で行われる例祭を拝見させていただきました。
雅楽・お祓い・すだれが上がり・お供え物が供えられ・祝詞献上・舞楽・玉ぐしを供え・・・
令和になり私にとっては 初めての厳島神社でのお祭りに参加です。

「奉祝 令和」の幟を見つけ御朱印をいただく列に並びました。2名で書かれているから行列が進まない。
式典が終了し4名で御朱印を書かれるようになり少し早くなりました。

御大礼のポスター掲示を見つけました。

大聖院の豆まき

節分が近づくと( ^ω^)・・・わくわくドキドキ イザ行かん!突撃☆彡
豆まき大好きなんですよね 最近は特に人が多くて中々豆がとれなくなった。

去年の収穫

去年の収穫

豆取れなくても大丈夫!山門で豆配ってくれているから・・・・

案内状

案内状

(^^♪我が家に届いたはがきによると
豆まきは2月3日 日曜日
10時から 開運そば接待(無料)
   気持ち小銭を置いてきます
11時から 大般若経転読法要
  (厄除開運 節分大法会)本坊 摩尼殿 
12時半  宮島太鼓奉納
13時   福豆まき(豆の袋の中に 景品札)
  (-”-)豆だけじゃなくて お餅 もみじ饅頭
       など  も撒かれます。

*当日 星まつり(厄除け・開運)を申し込めば
記念品とお豆(景品付き)がもらえ
後日 お守り札が送られてきます。(来年のご案内(ハガキ送付)があるみたい)

去年の収穫

去年の収穫


2月11日は 智慧・福徳13参り子供豆まきです。
(・0・)十三参りというのは 子供が生まれた時 
七日目を誕生一年目として不動明王様にお参りし
翌年は釈迦如来様 その翌年は文殊菩薩様・・・と
十三歳まで各年にそれぞれの御本尊にお参りする信仰

(*^-^*)参考 十三仏:人が亡くなった日(忌日)に行う法要
忌に故人を守る本尊として仏様をあてはめたもの 室町時代かららしい
初七日:不動明王 二七日:釈迦如来 三七日:文殊菩薩 
四七日:普賢菩薩 五七日:地蔵菩薩 六七日:弥勒菩薩 
七七日(49日):薬師如来 百箇日:観音菩薩 
一周忌:勢至菩薩 三回忌:阿弥陀如来 七回忌:阿閦如来
十三回忌:大日如来 三十三回忌:虚空蔵菩薩

大願寺の弁天様

年末に宮島桟橋へ行くと 観光案内所に大願寺のパンフがあったのでもらってきました。
大願寺は 亀居山放光院「大願寺」といい日本三大弁財天 厳島弁財天(秘仏)を奉安しています。

(*^-^*)パンフによると。。。。
弘法大師が唐よりの帰途、宮島に立ち寄られたおりに 弁財天を厳島大明神として勧誘し、厳島神社に祀ったと伝えられております。「杓子」は江戸時代末期の僧:誓真さんが 弁財天の持っておられる琵琶の形から考案し広めたと伝えられております。
かつては大願寺を中心に諸堂宇 五重塔 大経堂(千畳閣)および多宝塔を「厳島伽藍」と称しておりました。江戸末期まで全国に渡って托鉢を許され・・・

厳島龍神

厳島龍神

厳島弁財天のお使いとして本堂に祀られている龍神は永久に秘仏の為 
その御分祀として昭和六十三年に外宮に祀られたそうです
 
(^^)/大願寺のお宝 貴重な写真がパンフに掲載されていました
国指定重要文化剤:薬師如来 
元千畳閣:脇侍:阿難尊者 本尊:釈迦如来 脇侍:摩訶迦葉尊者 
元五重塔:脇侍:普賢菩薩 本尊:釈迦如来 脇侍:文殊菩薩
元多宝塔:本尊:薬師如来 元護摩堂本尊:如意輪観音菩薩

大聖院の紅葉

11月20日に宮島大聖院に行きました。紅葉はいかが・・・・?


宮島大聖院では11月17日から25日まで紅葉まつりが行われていて 
弥勒菩薩のお部屋が見れる きれいな砂絵など拝見させていただきました。

観音堂では厳島神社の本地仏:十一面観世音菩薩様にお詣りし、
本堂の展示は四国遍路の展示がありましたので 
久しぶりに戒巡り(観音堂入り口の階段を下り 真っ暗な道)を壁を触りながら歩いてきました。

境内はこの時期だけの紅葉がきれい 写真を撮って楽しんでみました。
紅葉のせいか光輝いてきれい なんかパワー溢れているみたいです。

この時期に行ってよかった とっても綺麗でした。
みせんにロープウェイで上り 歩いて下りてきた方に出会いました。
紅葉とても綺麗だったそうです (^^)/出会ったのは外国の方が多かったとか。
宮島は海外ですから・・・・・?

荒胡子神社のお祭り

11月20日は厳島神社前の荒胡子神社のお祭りの日です。
近くの商店街の方々が商売繁盛をお願いしに来られ お店には鯛の絵が飾られています。
11時から厳島神社の神職様により儀式(お祓い・祝詞・など)行われます。
 私が広島に在住していたころは 島民中心のお祭りで人も少なかったのですが
昨年、いつも鯛の絵をお願いする友人に?商売繁盛は売り切れたと聞き・・・?行ってみました。


しめ縄発見・・・荒蛭子神社の前は飾り付けがされていて人がいっぱい❣
御朱印受付がありましたので 御朱印を頂きました。
11時から厳島神社神職様による 神事が行われ・・・お祓い 参列者代表の玉ぐし献上のあと ~ 
神様のパワー(御幣)を頭にいただき 神様のおさがり(お神酒)をいただきました。

宮島マニアの私には神職様の篠笛の調べがたまらなく好きで 笑顔で神様が目の前に現れたようで
売り切れる前に鯛の絵を頂いて帰りました。(*^-^*)やっぱり買う!戻ってきた観光客も多かったみたい。

広島で同行二人

(*´ω`*)宮島で「スタンプてくてくウォーク」見たことありますか?
宮島には広島新四国八十八ケ所霊場の最初と最後のお寺があるんです。
第一番大願寺:「発心」で 第八十八番弥山本堂:「涅槃」
巡拝コース フェリー~ロープウェー~→弥山本堂~徒歩~大聖院(昼食)→大願寺→宝寿院→存光寺→徳寿寺

第一番 亀居山放光院 大願寺:「発心の道場」
第七十二番 伊屋山 存光寺:「涅槃の道場」
第八十五番 金光山 徳寿寺:「涅槃の道場」
第八十六番 龍上山西方寺 宝寿院:「涅槃の道場」
第八十七番 多喜山水精寺 大聖院:「涅槃の道場」
第八十八番 多喜山水精寺 弥山本堂:「涅槃の道場」
番外霊場 平和公園の原爆供養塔:世界平和のシンボルで、原爆の犠牲者の慰霊と世界平和祈願の場所です。

広島新四国八十八ヶ所霊場会は、開創100周年を記念して様々な事業を開催中です。 
(^^)/ 仏師松本明慶「木の中に仏の姿が見える」と言われるすごい方
最後の慶派―運慶、快慶の慶派の最後の大仏師です http://www.instahu.com/tag/松本明慶

原爆供養塔前で柴燈護摩法要10月10日でした。
「世界平和」や「西日本豪雨災害の早期復興」など願い、護摩木を焚き、火渡りが行われました。

10月30日には、広島国際会議場で、記念講演会と映画上映があります。
100

管弦祭は7月29日(日)

嚴島神社最大の神事「管絃祭」は7月29日(日)に執り行われます。
きっとたぶん 本殿へ当日お詣りすると
入場券は管弦祭バージョンで いつもと違う発見があるはず。
かわいい巫女さんかいて ご祈祷を希望されたら・・・巫女舞を舞われる。
お昼頃から厳島神社に待機していれば・・・
 御霊を神輿に移動する行事や神様への神事の様子などめったに見れない
体験がきっとできるはずですよ。!(^^)!


発輦祭[はつれんさい]・・・ 15:00  御本殿出御・・・ 16:00
どなたでもご参加いただけます。予約不要!行動あるのみGOGO
足元が心配なら長靴を履いてくる方がいいと思います。

御座船は宮島を出港して地御前神社へ向かいますから・・・地御前神社も日曜日だし
きっとすごい人 カメラ持った人も多いと思います。

長浜神社前では夕方(7時半頃)に 無料でちょうちんを配ります。
(数に限りがあるからお早めに)ちょうちんへはその場で ローソクで火を灯します
 ちょうちん行列で御座船をお迎えして厳島神社へ向かいます。
提灯は持ち帰りOKなので記念にもらって帰るのもオススメですよ。
御座船に出会って お祭りに参加して いい思い出作ってくださいね

廻向文

お盆について調べていたら『餓鬼事・舎利弗の母』というお話があって

お釈迦様のお弟子さんで舎利弗という和尚さんが、
前世で母親だったという幽霊に出会う話があります。
幽霊はお寺に入れないが、元母親なのでお寺に通され、窮状を訴えました。
舎利弗は他のお弟子さんと皆で、幽霊を供養したところ
・・・・・・・天女に生まれ変わったというお話です。

お経の最後に「この功徳を全てのものに捧げる」といいます。

仏教では因縁によりみんなつながっており完全に無関係ではないと考えます。
誰かを供養するときには「生きとし生けるものが幸せでありますように」
全てに対する慈しみの心で手を合わせれば、自分の心も穏やかになる。

前世や来世があって皆何度も生まれ変わると仏教は教えます。
一番大切なのは現世? 「今日の一日、今の一瞬」なのでしょうか?

(*^-^*)幸せになりたいなら・・・今が幸せと考えて(⋈◍>◡<◍)。✧♡
今につながる無数の絆を思い、周囲にいる家族や友人を大切にして、
その恩に少しでも報いることができるように善く生きるしかない。

法事などの供養でお経の後に読むのが回向文です。
読経の功徳を、すべての御霊、あらゆる処にいる命あるもの全てに捧げる
大聖院
願わくばこの功徳を以て 普く一切に及ぼし
 我らと衆生と 皆共に仏道を成ぜんことを

自らが積んだ功徳の果報を、他者に回し向ける(施す)事
お経の功徳を回向(布施)する事で、他者が幸せとなり、
回向した自分自身も、
回向(布施)の功徳によって果報を頂けるのです。

宮島見てみて!

ジャンル別記事一覧

新着記事

最近のコメント

月別記事一覧

  1. めざせ宮島博士!宮島検定