ジャンル別記事一覧 その他

宮島雅楽はどうなった?

18時の厳島神社   台風が来て 厳島神社が浸水しちゃった。板が濡れて大変!
今日は厳島神社で東儀秀樹さんの宮島雅楽のコンサートがあるのです。
宮島大好きなポコペンが観光協会でチケット買った時は残り4枚でした。
 台風でフェリーが?コンサート大丈夫かな・・・・?
厳島神社に行ったら(・・?
台風のため会場がグランドプリンスホテル広島になったと知りました。
宮島から無料の高速艇:きよもりブルーラインが18時と19時に出る
終了後には 宮島行きの高速艇と広島駅行きのシャトルバスが出るそうです。

19時に桟橋を出発する便に乗ると?まだ風が強くて少し船は揺れるけど30分で着きました。グランドプリンスホテル広島に到着してチケット見せて整理券をもらい、順番に並んで・・・ポコペンは整理券500でした。650位の人がいたようです。
自由席になって演奏時間も短くなった。コンサートはよかったよ (^○^)v
帰りにおみやげ(コラーゲンドリンクとチョコレート)をもらい
広島駅行きの22時発シャトルバスに乗りました。全ては台風のせいです。
大鳥居もらいました

河原町のお地蔵さん

8月24日は宮島の地蔵盆です。地蔵堂の扉が開けられ お経があげられたり
おおきな数珠をみんなで回したり お参りするとお菓子がもらえたりします。
(*^_^*) お地蔵さんの目印は笹飾り 桟橋近くには誓真地蔵尊があります。
一番のメインは 徳寿寺のお地蔵さんの御開帳。御抹茶の御接待や住職さまの
ありがたいお話を聞くこともできます。
 地蔵盆が近い8月18日、一足お先に河原町のお地蔵さんのお祭がありました。
河原町のおじぞうさん
(^^)/ 河原町のお地蔵さん <火除けの守護>
       その昔 辺りで度々火災が起ころうとするとき、
       たちまち霊告があって火災を免れたそうです。
http://www.bbweb-arena.com/users/pipe39/myweb1_074.htm

神楽
夜店がずらっと並び 盆踊りが行われ 神楽がありました。
神楽は 都神楽団です。 葛城山と塵倫の2演目がありました。
http://www.all-dream.net/miyako_kagura/
お餅

神楽の合間に餅まきがありました。
(^_-)-☆
しっかりお持ちをGET。

帰りにお地蔵さんにお参り
ろうそくと御線香セットは30円でした。

とっても楽しいひと時でした。

江波の火祭りへGO① 衣羽神社

宮島管弦祭で御座舟をひいていた江波のお祭りが16日の夜にあると聞いて行ってきました。
広電の「江波行き」電車の終点で降りて江波トンネルを抜けて歩いていたら(・・? 
真っ赤なおじちゃんがいた。「お祭りは何処?」道を訪ねると?夜道は危険だから案内してくれました。 
神社へGO衣羽神社
衣羽神社2
まずは長い階段を上がり衣羽神社(エバ神社)にお参りして 屋台を楽しみ かき打ち通りを歩きました。
(^-^)ここは初めてかきを扱ったお家で当時お手伝いさんが3人位いた豪邸,それから・・・
ちょっと酔っぱらいガイドつきです。
お祭りの会場は?1斗缶をたたいたり 引きずったり なんか?賑やかな音がしていました。
子供会が大活躍して賑やかな演出していました。
屋台

祭り会場 大活躍

宮島の温もりを感じました

先日、宮島に行く機会があって、一歩裏通りにある、おひさまパン工房に立ち寄ってきました。
時間も遅かったこともあって、商品は既に売り切れ状態でした。ここのパン屋さんオススメですよ。

お店を出ると、向こうから人力車が来たのですが、これが、宮島の風情に合っていてとても良いのです。
img1
乗っているおばさんからは、「若くなくってごめんね~」と言われましたが、
そんなことありませんよ。目一杯の笑顔を頂きありがとうございました。

少し歩いていると、今では見ることが少なくなったポストも、、、。
img2

何だか得したようで、嬉しくなった宮島のひと時でした。

弥山登山④(大聖院コースを下る)

大元コースは明るい道。
P5076692

カエルの声が聞こえる。
鉄橋1 P5076706

平成17年の台風14号での土砂により
道が崩れ立ち入り禁止になっているところがあるが、
P5076711 P5076713

新しい道ができ、安心して歩ける。
水に簡単に触れることができる場所もあり、ほっとする。
P5076719

崖に鹿が現われ驚いたり、
P5076728 P5076721
 
1号砂防堰堤の姿にも驚いたりする。
P5076741
できたばかりなので異様な感じがするけれど、
時とともに自然に溶け込んでいくだろうと思う。

通ってきた道を見あげる。    海を見下ろす。
P5076742 P5076744

山肌から露出する1枚の大岩 「幕岩」
 P5076755

町石。お地蔵さま。
P5076759 P5076761

大きな岩の下に
P5076764

大小のお地蔵様たちが祀られている「賽の河原」
P5076767 

P5076770 P5076782

下りは、上りみたいに息が苦しくなくても、膝に負担がかかる。
足がちょっと笑いはじめた。
P5076794

滝宮神社。
台風で倒壊したのが再建されたばかりで、ぴかぴか新しい。
これから風景に溶け込んでいくのだろう。
P5076798

第2砂防堰堤の向こうに大聖院が見える。
そろそろ到着。
P5076802 P5076801

登山道入口に近くに、「懺悔地蔵」
P5076804

懺悔する気持ちにならない。
弥山に登り、心洗われた気分になっているからに違いない。
P5076805

新緑がきれいだった。
P5076806
大聖院前へ 無事下山。

弥山登山③山頂付近。

大元コースから登り、
弥山本堂、霊火堂をあとにして、いよいよ弥山山頂へ。
いよいよ山頂へ山頂に近づくにつれ増える巨大石。

P5076592道を少しそれ、不動岩をくぐると、

不動明王すぐに不動明王が祀られている場所に行きつく。引きかえして、

くぐり岩くぐり岩をまさにくぐると、もうすぐ。

山頂手前山頂手前1

展望台が見えた展望台が見える。

展望台弥山山頂 標高535m。2時間で到着。
展望台は長い間雨風にさらされ、錆びて老朽化が激しい。近く建て替えられることが決まっていると聞く。

P5076611P50766281階売店。3階展望台。

P5076623
この日は、あいにく天候が悪く、眼下の瀬戸内海の島々の景色は見えなかった。多くの人々が靄のかかった風景を見下ろしながら一息ついていた。

山頂での人々砂地に巨大岩がが点在する中、みんな思い思いに時を過ごしている。

P5076607岩の上のお地蔵さまたちも様々な思いでいらっしゃるようだ。
P5076606P5076608

干満岩 標識下山。
干満岩。穴の中の水が潮の満ち引きにあわせ上下するといわれている。
下の鉢の水に惑わされる。この水が上下するのかと思った。

P5076638穴には気付いていたが、まさかこの穴の中の水が満ち引きするとは思えなかったので覗かなかった。それほど不思議なことなのだ。

舟岩舟に似た形をしていることから舟岩と呼ばれる岩の下にお地蔵さま。

疥癬岩疥癬岩。皮膚病の疥癬で悩んでいる人が岩に触れると治り、不心得な人がそばを通ると疥癬になるという岩。

下りなのでけっこうなかけ足になる。

大日堂水かけ地蔵弘法大使が建立した「大日堂」
水をかけ祈願すれば、子どもについての一切の願望が叶うという「水かけ地蔵」

山頂付近終了。

弥山登山②

大元コースを登り、駒ヶ林の尾根にでると疲れが吹き飛ぶ眺望に出会える。P5076502
P5076507

P5076508さらに進むと弥山と駒ヶ林山頂へ行く道が分かれる。
標識がはずれているけれど、間違いなく方向を指していてえらい。
P5076513

この辺りから別のコースから来る人に会うようになる。人が増え道も明るくなり、庭を歩いているような気分になる。もちろん山なので足元は気をつけなければならない。P5076517P5076519
仁王門跡。石を積んでいる人を見たことはない。崩すとこわいので見るだけにしておく。
P5076525P5076528少し道をはずれて御山神社へ

P5076533P5076535P5076537

P5076547天空の社殿のよう。

P5076557P5076559

自然を満喫してきたのが、
弥山頂上付近に来て様子が変わってくる。

P5076582
P5076566P5076563

P5076562P5076565

P5076579P5076574消えずの聖火堂。恋人の聖地。

P5076581消えずの火。弘法大使が修行に使った火が
1200年経った今も燃え続けている。

見どころたくさん。

さらに登ると、弥山頂上。

弥山登山①(大元コース)

P5076430苦手な英語を読んでみると、very hard らしい。
P5076431ここから弥山山頂まで約3.2キロ。2時間~2時間30分。

「こんにちは」と出会った男性にあいさつをしたら、
「ごくろうさまです」と返された。
この時はまだなにが「ごくろうさま」なのかわからなかった。
P5076437
少し行くと石仏群が現われた。右から聖観音、大師講、不動明堂。
蟲自然を甘く見てはいけない。
虫がぶら下がっている。気をつけなければならないと気をひきしめた。P5076447
時々いらっしゃる。
4町目四町、五町…と刻まれた石を見るとどんどん登っている気がしてうれしい。
鶯の声が聞こえ、人の気配がしない。山の気配のみ。
500原始林の中。きれいな空気。気持ちがいい。
P5076453大きな石があったりして楽しく、順調だったが、
しだいに、ごくろうさまと言われたわけがわかる。本当にごくろうさまだ。very hardの気分になってくる。P5076462P5076465
十四町だ十七町だといわれてもどうでもよくなる。何町まであるかわからないので、ちっとも目安にならない。P5076470P5076473
何町まであるかきちんと調べてから登ることをお勧めする。
階段はもうつらい
階段があることはありがたいが、勾配もきつくつらい。気をつけて歩かないとケガをしそうな道。虫も顔のまわりを飛びはじめるし、ムキになって階段をのぼった。
そして後ろから人の気配が・・・だんだん近づいてくる。P5076478
P5076483尾根に出たところで、追い越してもらった。私は息を切らしているに、外人さんは笑顔であいさつを返してくれた。
P5076494

P5076496

P5076502
疲れが一気に吹き飛ぶ。
素晴らしい眺望。

P5076507駒ヶ林と弥山の山頂への分岐点。
弥山の方へ向かう。

富士岩へ 七丁
龍ヶ洞へ 十七丁
岩屋大師へ 十八丁
駒ヶ林へ  二十丁
仁王門へ  二十三丁
御山(弥山)頂上へ 二十九丁

清盛神社と、その他平清盛。

清盛神社
厳島神社から歩いて数分のところにあります。
昭和29(1954)年に平清盛没後770年、嚴島神社を造営した清盛の偉績をたたえ、その霊を慰めるために建立。
P5076371宮島で最も新しい神社で、厳島神社がにぎやかなのにくらべて、静かな場所です。この神社のある「西の松原」は、厳島神社の裏を流れる御手洗川によって運ばれた土砂などで築かれた土地です。
P5076373松が植えられ、108基の石燈籠あり、景観のよいところです。
小さい松を植樹すると、鹿が食べてしまうので、写真ぐらいの大きさの松を植えるらしいです。
PC053604P5076352P5076354
P5076851大河ドラマ「平清盛」効果でしょう。
あげもみじのキャラクターどっとくんが烏帽子をかぶって、竹串回収の守になっていました。
もみじ饅頭を竹串に刺して揚げた「あげもみじ」を食べた後、「竹串を入れてたもれ」なんて言っています。
スタンプトリミング
こんなスタンプもあった。JR宮島口駅

PB030850
メイプルちゃんが見当たらなかった。

大鳥居修理中。

宮島へ向かうフェリーからの大鳥居。
P5076351修繕中。

4月3日午後の暴風で檜皮藁屋根が破損、
銅板が約3メートルにわたり剥がれ飛散。
P5076360このままほおっておくと、大鳥居の被害が拡大して危険なため、緊急修理工事をしています。

4月19日~6月18日まで修理予定。

大鳥居が見られないと残念な感じがします。
500矢印弥山から見下ろす大鳥居。
P5076816修理中の大鳥居もなかなか見られません。

夕方近く、潮が引くとトラックが入り、
工事がはじまりました。
高いところで、足場組み立て中。
P5076818
沖で潮干狩りをする人々がたくさん。
P5076822P5076842カニ。
P5076828P5076826カニ。
P5076848